絵・間瀬健治

聖教新聞2014年5月19日付、「名誉会長と共に 新時代を開く」

現代社会にあって、人間の豊かなつながりが、いかに大事か。仏法では、共同体を栄えさせるための題目を説いている(四摂事)。それを、分かりやすく言えばーー人に何かを与え、励ましや哲学を贈り、不安や恐怖などを取り除くこと。思いやりのある言葉をかけること。他者のために行動すること。人々の中に入って、上も下もなく平等に、一緒に行動することだ。大いに友情を広げ、宝の思い出をつくってもらいたい。世界中の誓いの青年と共に!