絵・間瀬健治

小説『新・人間革命』第22巻「新世紀」の章

人との関係を、その場限りのものと考えれば、目先の利害という尺度で人を推し量ることになりなねず、真実の友好は生まれない。(中略)人とのつながりが希薄化し、関わりを避ける風潮が蔓延しつつある現代である。その根本的な解決法は、人との出会いという現象の奥に、どれだけ深い意味を見出すことができるかにかかっているといえよう。一つ一つの事象から、人生を荘厳すr、最高、最大の意味を見出していく、価値創造の源泉こそがぶっぽうなのである。