絵・間瀬健治

「全国最高協議会」でのスピーチ、『池田大作全集』第93巻所収

一緒に語り、一緒に動くのが学会の根本精神である。策でも、方法でもない。(中略)仕事や家事で忙しい時もある。それでもないお、やりくりして、時間をつくって会っていく。それが慈悲である。仏の振る舞いに通ずる。これしか道はない。「人間対人間」のつながりが仏法の組織であり、広宣流布の組織なのである。