絵・間瀬健治

聖教新聞2015/ 6/23、「青年不戦サミット」へのメッセージ

戦争の悲願を、誰にも味わせてはならないーーこの沖縄と広島と長崎で受け継がれてきた平和への痛切なる決意、そして牧口先生、戸田先生の大精神を、青年部の皆さんが”希望の当体”となって、21世紀の世界で大きく実らせゆくことを、私はどこまでも信じてやみません。 世界の平和も、「一人」が勇気を奮い起こし、目の前の「一人」のために心を尽くすことから始まる。そして、その行動の連帯が、やがて人々の心を「一つ」につなげていくーー。