絵・間瀬健治

小説『新・人間革命』第27巻「求道」の章

「学会員同士が仲良く、どこよりも団結していくことです。また、もしも地域の人たちが、学会のことをわからずに非難・中傷したりすることがあったとしても、決して恨んだりしてはいけません。相手を慈悲で包み込むようにして、粘り強く交流を深め、誠実の行動を通して、学会の理解を勝ち取っていくんです。そこに、仏道修行があるんです」烈風の原野に挑み立つ勇気と忍耐なくして、広宣流布の開拓はない。