絵・間瀬健治

『随筆 対話の大道』

ほんの少しの勇気が、友を守る力となる。何気ない言葉でも、人生を変える時がある。大事なことは、誰の心にもある良心と勇気を一人、また一人呼び覚まし、地域を、社会を、そして人類全体を包み込んでいくことではないだろうか。(中略)私たちの日々の学会活動は、時には地味に思えるかもしれない。しかし、友ののため、地球のために励ましを送る献身の行動が、現代社会にあって、どれほど希望と輝き、どれほど歓喜となって舞い光っていくか計り知れない。