絵・間瀬健治

『随筆 出発の光』

人間は、人間を離れて人間になれない。人間の中でこそ、より大きな自分となり、より大きな自分となり、より大きな喜びを得るのだ。(中略)人間関係には、顔を合わせる関係、、あいさつを交わす関係等々、さまざまな次元がある。その中でも、互いに励まし合い、助け合いながら向上していく絆こそ、人間世界の華であろう。「御義口伝」には、「鏡に向かって礼拝を成す時浮かべる影又我を礼拝するなり」(御書769ページ)とあかされている。地域に尽くせば、地域の方々から守られる。