絵・間瀬健治

『御書と師弟』

の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ、仏種は縁に って起る の故に一乗を くなるべし」(御書1467ページ)ーーその国の仏法流布は、あなたにおまかせします。仏種は縁によって起こるものです。このゆえに一仏乗の法華経を説くのですーー。(中略)ここで仰せの「国」とは、門下の住む地域一帯のことです。「その国土の仏法は、あなたにおまかせします」--あまりにも重大な仏の信託であります。「頼むよ」と師の信頼の一言に、弟子は武者震いする思いで、勇み立ち上がったことでしょう。これが師弟の深遠なる生命の呼吸です。