絵・間瀬健治

聖教新聞2007/8/26、「首都圏合同研修会」でのスピーチ

戸田先生は本当に鋭かった。急所を見逃さない。いつも「陰の人」を大切にされた。「陰の力」がどれだけ大事か。たとえば、会社でいえば、経理や人事。目立たなくとも、一番の要であり、死活にかかわる立場である。先生は、陰で真剣に戦う人こそ、ほかのだれよりも大事である、大功労の人である、しっかり頼むと励まされた。