絵・間瀬健治

小説『新・人間革命』第24巻「厳護」の章

大聖人は、四条金吾に、「かまへて・かまへて御用心候べし」(御書1138ページ)、「さきざきよりも百千万億倍・御用心あるべし」(御書1169ページ)と、細かいところにも気を使い、これまで以上に用心していくように訴えられている。(中略) 「見える処より 見えない処に」とは、作家の武者小路実篤の言である。”陰の力”に徹し、広宣流布を支え、学会を守るなかにこそ、最も尊い仏道修行の姿がある。