月別の広布史-March

3月の広布史

記念日 意義
3月3日
華陽姉妹 誓春の日
2017年(平成29年)3月3日、池田大作先生と香峯子夫人が、創価女子会館を訪問し、全世界の女子部にエールを送られたことを記念して制定されました。
3月5日
壮年部結成記念日
1966年(昭和41年)3月5日、池田大作先生のもと、学会本部に750人の代表が集い、壮年部が結成された。席上、先生は”創価の城を支えゆく、黄金柱になっていただきたい””壮年部が大きく成長し、堅固「な広宣流布の構えができるならば、わが創価学会は永久に盤石です”などと述べ、大きな期待を寄せた。※参考資料=小説『新・人間革命』第10巻「桂冠」
3月8日
芸術部の日
1962年(同37年)3月8日、「文化の世紀」の到来を見据え、池田先生のもと、30人で芸術部が発足した。※参考資料=『新・人間革命』第13巻「光城」
3月11日
小樽問答記念日
55年(同30年)3月11日、北海道小樽市の公会堂で、創価学会と日蓮宗(身延派)の正邪を決する法論が行われた。青年部の室長だった池田先生が司会を務め、第一声で日蓮宗側を圧倒。学科側の完全勝利に終わった。※参考資料=小説『人間革命』第9巻<「発端」「小樽問答」/td>
3月16日広宣流布記念の日 57年(同32年)、第2代会長の戸田城聖先生が、生涯の願業である75万世帯の弘教を達成。翌58年3月上旬、戸田先生は、若き池田先生に「将来のために、広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典をしよう」と提案した。同月16日、男女青年部の精鋭6000人が戸田先生のもとに集い、”広宣流布の記念式典”が開かれた。戸田先生は席上、「創価学会は、宗教界の王者である」と獅子吼。広布のバトンを後継の青年に託した。※参考資料=『人間革命』第12巻「後継」
2008年3月16日「広宣流布記念の日」50周年に、女子部の「池田池田華陽会」が結成。 2008年9月SGI(創価学会インターナショナル)の国々の女子部の加わり、「世界池田池田華陽会」となり2009年6月4日池田大作先生と奥様が東京・信濃町の創価女子会館を初訪問。この日、先生「朗らかな幸福の太陽たれ」「世界一の生命哲学を学ぶ」「何があっても負けない青春」
「正義と友情の華の対話を」「永遠に師弟勝利の門を開く」との「女子部 永遠の五指針」を発表。この日、6月4日が「池田池田華陽会の日」となります。
3・21「白樺会の日」35周年 1986年(昭和61年)3月21日、婦人部白樺グループ(当時)の集いに参加した池田先生は席上、「生命を/こよなく愛し/慈しむ/あゝ白樺の/悲母に幸あれ」との和歌を詠み贈った。この日が「白樺会の日」に。本年で35周年。
3・21「九州の日」 1973年(昭和48年)3月21日、池田先生は第1回九州青年部総会に出席し、”生涯、誠実を貫き、立派に大成して輝かしい人生勝利を”とスピーチ。同総会を記念し、「九州が/ありて二章の/船出かな」との句を詠み贈った。※参考資料=『新・人間革命』第25巻「薫風」
3・21「教育本部の日」 2002年(平成14年)3月31日に、教育本部が発足したことが淵源。※参考資料『新・人間革命』第24巻「人間教育」