月別の広布史-April

4月の広布史

記念日 意義
4月2日
第2代会長戸田城聖先生命日
1958年(平成33年)4月2日、第2代会長戸田城聖先生が、広布の一切の願業を成就し、58年の尊い生涯を閉じた。戦後の焦土に一人立ち、初代会長の牧口常三郎先生の遺志を継いで、学会の再建と75万世帯の折伏を達成した戸田先生。その偉大な足跡は、広布史に不滅の光彩を放っている。※参考資料=小説『人間革命』第4巻「春嵐」
4月2日
「創価大学開学の日」
50年11月、戸田先生は自らの会社が経営不振に陥るあんどの窮地にあったが、池田先生に、創価大学の設立の希望を語り、その実現を託した。池田先生は師の構想の実現に全生命を注ぎ、71年4月2日、創価大学は開学した。※参考資料=『新・人間革命』第15巻「創価大学」
4月2日
創価女子短期大学開学35周年
85年4月2日、人間主義の哲学を根底にした社会に有為の女性リーダーの育成を目指して、創価女子短期大学が開学した。本年で35周年。(※記事掲載2020.3.24)
4月2日
「第2総東京の日」
幾重にも意義を刻む4月2日は、「第2総東京の日」に定められている。
4月8日
「関西の日」
56年4月8日に行われた大阪・堺2支部連合総会が淵源。池田先生の指揮のもと、1万1111世帯の弘教と、「まさかが実現」の勝利史を刻む「大阪の戦い」は、この日が発火点となった。※参考資料=『人間革命』第10巻「跳躍」
4月11日
ヤング・ミセスの日
86年(同61年)4月11日、池田先生ご夫妻が出席して行われた東京・北多摩圏(現・学園総区)のヤング・ミセスの集いにちなんで定められた。※参考資料=ヤング・ミセス指導集『幸福の太陽』
4月14日
池田先生が第3代会長就任の要請を受託した日から60周年
60年4月14日、池田先生は再三にわたる会長就任の要請を受託。当時の思いを「ご恩を返す時が来た。日本の歴史、世界の歴史を創りゆく戦いを、同志と貫くのだ」とつづった。本年で60周年。※参考資料=『人間革命』第12巻「新・黎明」(※記事掲載2020.3.24)
4月19日
誓いの青年きみよ発表
2014年4月19日、5月3日「創価学会の日」「創価学会母の日」を記念する「世界広布新時代第5回本部幹部会」が、「聖教新聞創刊記念配達員大会」「SGI(創価学会インタナショナル)春季研修会」の意義を込め、巣鴨の東京戸田記念講堂で開催された。これには、原田会長、正木理事長、杉本婦人部長をはじめ各部の代表が、海外60カ国・地域から来日したSGIのメンバーと出席した。池田大作名誉会長はメッセージを贈り、地域に社会に「生命の喜びの凱歌」を高らかに響かせようと強調した。 席上、新学会歌「誓いの青年よ(ちかいのきみよ)」が発表された。
4月20日
聖教新聞創刊記念日
51年(同26年)4月20日、聖教新聞が創刊。当時は、発行部数5000部、月3回刊のページ建て。71年(46年)1月から現在の日刊12ページ建てとなり、公式ウェブサイト「聖教オンラインには、世界190カ国・地域からアクセスがあるなど大きく発展した。※参考資料=『新・人間革命』第4巻「凱旋」、第10巻「言論城」、第14巻「大河」
4月28日
立宗の日
1253年(建長5年)4月28日、日蓮大聖人が32歳の時、末法の全民衆を救う根本の法である「南無妙法蓮華経」を唱え、立宗宣言した。「聖人御難事」には「建長五年太歳癸丑四月二十八日に(中略)此の法門申しはじめて」(御書1189ページ)としたためられている。※参考資料=『人間革命』第6巻「七百年祭」