gulp覚書

・以下のコマンドを実行する ———————————————–

npm -v   「nodo.js のバージョン確認」

———————————————-

「任意の場所にフォルダーを作成する。」 「フォルダーをドラッグアンドドロップでプロプトに投げ、パスを通す。」

        cd パス

・以下のコマンドを実行する ———————————————–

npm init -y   

【gulp を導入するために、 packge.json/packge-lock.json ファイルの生成。】

npm ver.5から追加された機能

1.同一環境の構築
2.過去のバージョンに容易に戻れる
3.インストールプロセスの最適化

———————————————–
 ※ 作成した任意フォルダーにpackge.jsonができているか確認。
・gulp をインストールする。

————————————————

npm install -D gulp 【ローカルインストールする。】

————————————————

・gulp の実行テスト  ※ 任意ファイルの直下に 「gulpfile」 の名前でファイルを作成する。  ※ 以下を、記述します。

var gulp = require('gulp');
		gulp.task('default',function(){
			console.log('Gulp start');
})

・コマンドラインで 

node_modules/.bin/gulp

———————————————–