OSI 参照モデルと TCP/IP

通信に必要なPCの持つべき機能を、7層のレイヤーで通信プロトコルを構造化している。国際標準化機構(ISO)により策定されたネットワーク構造の設計方針である。

osi参照モデルレイヤー7層
OSI Reference Model
 

OSI は政府 (特に欧州)・学者・企業がこぞって支持した規格でしたが、 実際にはあまり普及しませんでした。 理由としては、実装を考慮せずに机上で決められた規格であること、 トップダウンの中央集権的な規格であったこと、 政治的なかけひきで規格策定が進まなかったこと、 安価で入手しやすい実装がなかったこと、 などがあるのかもしれません。

規格策定の様子
規格策定

一方、TCP/IP は ARPAnet から発展したプロトコルです。 4.2BSD で一般的に利用できるようになり、RFC によるゆるやかな規格と インターネットの普及に伴い爆発的な発展を遂げました。 ARPAnet は OSI 参照モデルから発展したわけではなく、全くの別物と考えてください。

インターネットの普及
インターネットの普及

当ページ管理人は OSI なネットワークに触れたことは一度もありません。 しかし古いネットワークや企業間通信ではまだ使用されているだろうと思っています。 今後は TCP/IP に移行が進むと思っていますが、OSI 事情に詳しくないので、 間違っていたら教えてください。

OSI なネットワーク
OSI なネットワーク

TCP/IP プログラミングを勉強する上で、 あえて OSI 参照モデルそのものを勉強する必要はありません。 「この処理は OSI 参照モデルの~に相当する」ということも考えなくていいです。 ただし、情報処理試験で出題されるTCP/IP と OSI 参照モデルを対比させて説明されている場合がある 基本的な素養として「レイヤ3スイッチ」の言葉の意味くらいはわかるようにしておきたいという理由により軽く触れておきます。

情報試験の様子
情報試験

TCP/IP と OSI 参照モデル