デザインとアート

デザインとアート

Webサイトのデザインが人の心の機微に触れている昨今ですが、ターゲットを踏まえた設計手法やデザインの可能性も含め、グリッドデザインについて学んでみます。

グリッドデザインのデザイン(design)を意味する定義とは、大辞林によると、

作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構成すること。意匠。設計。図案。

また、Wikipediaにでは、

デザインは「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。

そもそもデザインの語源は(Wikipedia)

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、「計画を記号に表す」という意味のラテン語designareである。つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。

デザインと類似されやすいと考える”アート”とはなにか

大辞林によるアートの定義とは

「特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動、およびその作品」

Wikipedia

アートとは、芸術、美術、間接的に社会に影響を与え得るものである

あくまでも私の考えではあるが、主観的な主張を象徴し純粋に表現したものがアートであり、客観的な目的に商業化されたものがデザインである。ならば、社会を構成するイデオロギーによるが、少なくともデザインはアートを包含し、アートはデザインの画竜点睛いると言えるのではないだろうか。

creative commons license

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

著作権のある著作物の配布を許可する数種類あるパブリック・ライセンス(英語版)の一つである。このライセンスが使用されるのは作者が自作品を他者に共有、使用、二次創作の権利を付与したい場合である。クリエイティブ・コモンズは作者に対して柔軟(例として自作品を非商用のみでの使用許可を選ぶことが出来る)に提供し、著作物を使用、再分布するユーザーを守っているので、作者が指定した条件を守る限り著作権侵害を心配する必要がない。 このライセンスは数種類あり、いくつかの頒布条件の組み合わせで異なる。2001年に設立した、アメリカ合衆国の非営利団体であるクリエイティブ・コモンズが2002年12月16日に最初のリリースを行った。
※Wikipediaフリー百科事典より引用

creative commond JAPANでは

クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。

CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。

CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。(→CCライセンスの種類)
※クリエイティブ・コモンズ・ライセンス・ジャパンより引用

ウェブデザイン技能検定申請完了

本日ウェブデザイン技能検定受験申請をすませた。ウェブデザイン技能検定は、厚生労働大臣指定試験期間が毎年全国で行われている国家試験です。特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施するもの。1級合格者に厚生労働大臣より、2級及び3級合格者には協会より、ウェブデザイン技能士の合格書が発行され、「ウェブデザイン技能士」として活動が認められます。受験料のクレジット決済は出来ませんが、申請はオンラインからでも可能。平成25年に合格した、ウェブクリエイター能力認定試験(上級)には学科がありませんでしたが、今回は学科も学ぶことが必要です。参考書籍や参考教材は揃っているので、始めやすいと思います。出題範囲は広く浅くといった感じでしょうか、通信の仕組みやインフラ構築、セキュリティー対策など、深く掘り下げ研鑽する指標にもなります。ウェブデザインは商業化を伴い、ホームページやブログ、オンラインゲームなど、IoTテクノロジーはコミュニケーションとものを融合し、利用者を、また利用したい思わせるインタラクションを設計し実装していく。ISO9241-210インタラクションシステムの人間中心設計。ウェブクリエイター技能検定は、ウェブクリエイターの唯一の国家試験です。