デザインとアート

デザインとアート

Webサイトのデザインが人の心の機微に触れている昨今ですが、ターゲットを踏まえた設計手法やデザインの可能性も含め、グリッドデザインについて学んでみます。

グリッドデザインのデザイン(design)を意味する定義とは、大辞林によると、

作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構成すること。意匠。設計。図案。

また、Wikipediaにでは、

デザインは「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。

そもそもデザインの語源は(Wikipedia)

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、「計画を記号に表す」という意味のラテン語designareである。つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。

デザインと類似されやすいと考える”アート”とはなにか

大辞林によるアートの定義とは

「特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動、およびその作品」

Wikipedia

アートとは、芸術、美術、間接的に社会に影響を与え得るものである

あくまでも私の考えではあるが、主観的な主張を象徴し純粋に表現したものがアートであり、客観的な目的に商業化されたものがデザインである。ならば、社会を構成するイデオロギーによるが、少なくともデザインはアートを包含し、アートはデザインの画竜点睛いると言えるのではないだろうか。

コメントを残す

CAPTCHA