「生涯求道」の健康人生を

わが〝多宝の友〟が
広布に走り抜いた
誉の歴史は、
自身の生命に
厳然と刻まれる。
自らの命を使って
「人間革命」の実証を
示してきた栄光の福徳は、
絶対に消えないのだ。

年をとっても、
心まで
老け込んではならない。
妙法という人生の大法を
持った我々は、
生き生きと
若返っていくのである。
日蓮大聖人の御生涯は、
広宣流布の大闘争に
貫かれていた。
信心に「引退」はない。
心は退いてはならない。

自他共の
一生成仏のためには、
どこまでも信心一筋に、
学会と共に
生き抜くことである。
「生涯求道」「生涯挑戦」
「生涯闘争」である。
ゆえに、「今一日」
「あと一日」における
信心が大事だ。
純一無二の信心で、
自身の広布と人生の
総仕上げをしていくのだ。

疲れを溜めないよう、
上手に休息をとりながら、
聡明に、健康第一で
進んでいきたい。
題目を朗々とあげ、
生命力を満々とたたえて、
価値ある一日一日を
勝ち取っていくことだ。

何歳になっても、
新しい何かに
挑戦する人は、
若々しく生きていける。
それが真の人生である。
いわんや私どもは、
不老長寿の最高の法である、
南無妙法蓮華経を
持っている。
妙法と共に、
いよいよ若々しく、
広宣流布と
人生の最高峰へ、
お互いに、楽しく、
粘り強く挑み続けて、
勝っていこう!

四季励まし【2022/9/18】

コメントを残す

CAPTCHA